ケムトレイルに関する参考資料画像

モルゲロン病? ──皮膚の反応(炎症)と繊維──
Morgellons? - exanthems and filaments -

撮影日:'08.3.21, 22, 26 / 4.1
掲載:'08.10.6
更新:'08.10.8

皮膚の表皮の
隆起(腕)1
'08.3.21
発疹の自覚症状初期。ほぼ真横からのアングル。隆起の上半分ぐらいまでが滲出(?)部分。この隆起には何かがうごめいているような感じや、硬い毛や細いトゲが触れたような、チクッとした痛痒さがある。 オリジナル画像
original
同上 2
'08.3.21
体液または血中の何かの成分が滲出して固まったような中に黒いフィラメント(単繊維)がある。この隆起では、繊維の先端が外に飛び出し、毛が生えたように見える。他の場合、繊維ではなく鱗のようなものが出てくることもある。 オリジナル画像
original
同上 3
'08.3.21
アングルを変えた画像。ボケて見にくいが、突起の中の黒い単繊維と体外に突出したその先端が確認される。爪の先で軽く引っ掻くと隆起の先がポロリととれることがある。小さく浅い(若い?)ものはとれにくいことが多い。 オリジナル画像
original
痂皮*(腕)1
'08.3.22
隆起(発疹)を引っ掻いたあとの乾燥した状態(ほぼ真上から)。先端が剥がれた後、程度の差はあるものの、出血することが多い。痒くて掻きむしると周囲も余計に傷つけ、痒さが激しくなりがち。 オリジナル画像
original
痂皮(腕)2
'08.3.22
上の傷を、少し斜めから撮ったもの。新たな繊維が生じつつあるのが確認される。出血部位や体液の滲出する個所、また粘膜などに、次々と繊維が発生する。浸出液はおおむね粘り気が強い感じがある。 オリジナル画像
original
痂皮(腕)3
'08.3.26
出血の多かった痂皮。この内部にも繊維が発生している。未確認ではあるが、赤血球の固有性(純粋さ)や機能性また機動性と繊維の現れ方には深い関連性のあることが直感される。 オリジナル画像
original
腹部発疹
08.3.27
腹部の皮膚反応。どんな発疹でも掻きむしると広がるので、極力いじらない。痒いときは入浴やシャワーで軟らかくし、シャワーを流しながらタオルやガーゼで静かに洗い落とす。(後述) -
痂皮に絡む繊維
'08.4.1
日数が経った痂皮と繊維。この繊維は成長するかのように伸び続ける性質のものである。これが体内に発生することは、体外に排泄されるのとは異なった重大性を持つことが容易に認識されうる。 オリジナル画像
original

ケムトレイルとのきわめて強い関連性を認識できるこれらの人体反応は、米国などの研究から多くの示唆を得られるものではありますが、今後、以下の視点での観察と検証もきわめて重要な意味を持ってくると思われます。
  • 肉食または動物性タンパク質・脂質の摂取の度合いと、炎症等との関連性。
    あるいは、穀類・菜食者(非動物性食)、魚貝・穀類・菜食者、肉食
    などによる症状の現れ方の違い(部位、発疹・発赤の大きさ、その範囲、化膿の有無または程度、血液または血管に関わる他の症状の現れ方など)。



<発症者の最小限の留意点>

  1. よい水をじゅうぶんに摂り、あるいは、水分の多い果物や野菜を食べる。いうまでもなく、自然や大地、宇宙への感謝の心をもって……。
  2. 掻きむしると新たな傷を作って炎症が広がるので、無闇にいじらない。かゆいときは、水、または入浴やシャワーで表面を軟らかくしてから、水またはシャワーを流しながらタオルやガーゼで静かに洗い落とす。石けん等を使用して強くこすり落とさないこと。お湯または水だけで洗う。これらの処置は随時行ってよく、入浴(シャワーだけでもよい)は毎日でも支障ない。(むしろ毎日、皮膚・身体を清めるほうがよい。)
  3. 可能な限り長く太陽を浴び、軽快な運動や作業で汗を流す。その後、2.に準じて入浴する。また、水分を補給する。(ときどき塩水も可。薄めの、おいしく感じる濃さで)
  4. 赤血球または血液の機能を最大限に発揮するために、食糧は穀類・菜食(自然食)中心とし、肉食・動物性食品、加工食品に依存しない。
    (既存の誤った常識でよく懸念されるタンパク質の摂取については、動物肉や加工食品主体に摂る必要はまったくなく、植物性のもので十分である。自然の持つ物質的また非物質的エネルギーは偉大なものであり、我々が宇宙的生命であることを自覚することにより、肉体もまた、より清浄で健全なものへ変化していく。)
  5. マスクをする。



<筆者メモ>

 以上、最小限心掛けるべきことと私が認識していることであり、励行していることです。現在のところ、私も家族も発症個所は十分に自然治癒しています。ただし、治癒に至る日数は様々です。
 私の場合、初めて症状を意識し、繊維をルーペで確認したのは2007年末から新年にかけてですが、2007年10月の九州行きで航空機を利用してから脛(すね)にかゆみを訴えたのが初発だったように思います。その後続けて、かゆみを伴う発赤・発疹は大腿部、腹部、胸部、腕、背中などのように移動しました。それ以降、あらゆる場所に反応が現れるようになります。それがケム散布や大気の状況、天候の推移等に応じての反応であることは、時を経ずして確信するようになりました。
 繊維は発疹からは必ず発見されますが、発疹に限らず、身体のあらゆる場所、特に傷や粘膜、潤った部分からも発見されます。咳とともに排出された痰にも混じっていることからすると、気管支や肺にも出現していると思われます。
 筆者の場合、いったん発症した部位(範囲)は、その後、悪化しにくくなるという傾向が感じられます。あたかもその部位に免疫ができたかのような経過と見受けられますが、その後の発症が完全になくなるわけではありません。別の表現をするなら、身体の細胞が不要物質への対処、すなわち排泄(あるいは浄化)を学習しているような印象があります。

 私と家族は病院の治療は受けず(その必要を感じないため)、治療のための薬物等もいっさい服用していません。別件で漢方薬を服用することがごくまれにありますが、皮膚等の症状も併せて軽快することがあるのは予測通りです。
 皮膚炎症用の外用薬も無闇に使用しないほうがよいと思われます。私がたまに使用している唯一の医薬品は、DL-カンフル (9.6%)、L-メントール (1.35%)、ユーカリ油 (1.3%)を含む、ワセリン主体のよく知られた塗り薬(市販品)です。強いかゆみのある幾つかの発疹に、綿棒などでお灸のようにスポット的に塗布すると、かゆみ全体が軽快または鎮静することがあります。常用はせず、かゆみが強いときのみたまに使用している程度です。筆者や家族においてこの市販薬は発疹や皮膚炎の自然治癒を阻害するものではないようですが、治癒を促進するものであるかどうかは確認できません。

 何度も掻きむしったり、あるいは出血の多い発疹は、跡が残りやすくなります。

 食生活は深い関連を持っていると思われます。ちなみに筆者の食糧は現在、穀類、野菜、果物、海草類など植物性のものが大勢であり、鳥獣肉類、魚貝類、卵、牛乳など動物性の食品はほぼ摂っておらず、化学合成物質を使用した食品も極力避けています。
 肉食については、特に四本足歩行動物の肉類・血液は構成要素が人間に近すぎるため、人体生理および人間の感性・意識のシステムに影響を及ぼしがちであり、人間の気血水の脈流あるいはエネルギー流を阻害し、それらの純粋さ、円滑さ、正常(清浄)さを悪化させると認識しています。
 疲労しやすい、体臭が強い、化膿しやすい、気持ちが荒くなる、などの傾向が自覚される場合は、改善要素の一つとして、肉食の度合いを反省してみる必要がおおいにあると思われます。

 人により、少量の「塩(食塩)」で皮膚を軽くマッサージして水洗いすると、しばらくして皮膚から繊維が浮き出してくるのを目視できることがあります。上記の、水またはお湯だけの入浴でも、同じ現象が見られることがあります。
 しほ)には清浄なエネルギーがあり、強い浄化力が作用するようです。それは、その対極という存在としてのほし)のエネルギーの律動を受けているようです。

塩の結晶

(*)皮膚等に現れる上記の繊維は、20〜30倍ぐらいのルーペや携帯用マイクロスコープなどで見ることができます。

我々は、モルゲロン病と呼ばれているこれらの一連の症状に対して、ときには粘り強い忍耐が必要とされることはあるとしても、怖れや不安をいだく必要ははまったくありません

 なお、日本や中国で時々流行したり話題になる麻疹、風疹、手足口病、ぜんそく、アトピー、インフルエンザ、その他の感染性とされる身体異変およびそれらの原因も、ケムトレイルを含めた様々な仕組みと切り離して捉えられるべきではありません。そしてまた、それらはモルゲロンズとの複合的な症状を作り出す可能性を持つことも看過すべきではありません。

 日本の国家、医療界、諸大学・学者、そしてマスコミなどの「病気」や「薬」に関する見解や処置は信憑性に欠けています。時には見え透いた、嘘だらけの、危険なシナリオを演じているかのようで、それは宇宙の摂理に背き、人々の信頼を裏切っています。お金や欲のために病気を絶やさない仕組みを守り続ける在り方はもはや長続きしません。今すぐにすべてを明らかにし、共に力を合わせ、正しい世界の創造に全力を傾けるべきです。今なら、まだそれができるはずです。


またはブラウザの「もどる」ボタンを押して前の画面にもどってください。


[ケムトレイルTOP]


Copyrights Mamoru Yabe